2018年4月17日火曜日

第47回 ジェイが、7フィンガーズの『ロフト』に出ていたこと



ジェイ研究みたいになってきました。
なんにせよ、現代のジャグリングを読んでいくとっかかりとして、
ジェイはとても重要な人物だと思います。

先日のBevisと同じカンパニー"Kapsel"名義で行なっている
Blickを観た感想を書こうかとも思ったのですが、
こちらの動画を見つけてちょっと驚いたのでひとまずこれについて。

The 7fingersの『Loft』という作品の、ドイツで行われた2005年公演です。
この動画の公開は2016年。
『Loft』は、生活感とサーカスを掛け合わせたような作品です。
観客が冷蔵庫の中から出てきたり、
楽しい仕掛けも満載。

その作品にジェイが出ていたのが驚きでした。
ジェイは「硬派」な人間で、あんまりポップなものとは関わりがない、とか
勝手なイメージがあったのかも。

実際はジェイはカメレオン的に色々やっていることが
インスタグラムや、その他の媒体から伝わってくるのですが。

どういうタイプのジャグリングがあるのか。
どういう場でジャグリングを発表するのか。
発表されるジャグリングと、発表されないジャグリングがあるということ。

今日頭をよぎったのはそんなことでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿