2018年7月16日月曜日

第138回 5/45日目 ヨーロッパ・ジャグリングの旅 2018

フレンチナショナル2日目。
ガラショーを見る。
メンバー、豪華でした。

今年のJJFゲストでもある渡邉尚、インプロで沸かす。結構みんな、尚さんのことを知っているみたいでした。
エティエンが、バトンとディアボロを両方やっていました。
バトン、やたらにうまい。まずサイレントでコメディチックに初めて、軽快な音楽がかかり、流れるようにジャグリング。かなり気を抜いた感じに見える態度が、僕は個人的にすごく好きでした。エティエンらしいというか。そしてディアボロのほうも技術がものすごく高かった。また上手くなったねえ、という感じでした。
リサは、体を多く使うクラブジャグラーです。足に挟んだり、床を使ったりして、様々な形を作ります。
グスタフはボールの高い技術で知られていますが、今回の演目はかなりコメディ寄りのものでした。タンクトップと体の隙間から手を出したり、パンツに手を突っ込んで、下から手を出して取ったり、服を使ってトスとキャッチに工夫を加えていました。7ボールを投げて、すべてキャッチした瞬間にズボンが脱げる、という演出がおもろかった。というか全部おもしろかった。
ドゥルセ・ドゥーカは、ドレスにクラブがくっついた状態で、クラブジャグリング。
バランスがテーマのような感じで、かつ、やんわりとジェンダー差別に対する批判のようなモチーフもありました。次はバトンのマエヴァ。王道のバトン演技。エリックは、風船を使った独特の演技と、ボールの演技。風船の使い方、さすが。面白かった。アレクサンドラは、いつもながらの、超絶フープ。扱う数も圧倒的ですが、扱いも鮮やかです。シルク・ドゥ・ソレイユにも出ていた人。
最後は、フランスジャグリング界のレジェンド、マルタン・ソーヴィツキ。風船とリングと棒を使った演技。

少し長かったけれども、楽しかった。

※ ※ ※

こんな言い方をするのもなんだけど、英語を話せることがすごく嬉しいな、と切に思う。
もちろん個々の、フランス語とか、ドイツ語とか、チェコ語とかの言語が話せたらもっといいんだろうなと思う。

なんでコンベンションって面白いんだろうなー、なんで外国に来るのって面白いんだろうなーとずっと考えてます。
「全然違う」ということは、ひとつ、ある。
あとなんかこう、ヨーロッパで過ごすことに慣れた自分、みたいなことについても考えます。


2018年7月15日日曜日

第137回 4/45日目 ヨーロッパ・ジャグリングの旅 2018

結局昨日、コンベンションが始まったのは、夜の8時でした。(フランスにいると、8時でも明るいですが)
それまでは、カフェの設営を手伝ったりする。
木材を使って一からこのドームを作り上げます。



一緒にコンベンションを作り上げていく感じが面白い。

だんだんと、「コンベンション」への自然な馴染み方がわかってきたような気がします。
昔は、とにかくコンベンションにいるというだけで興奮していました。
どこか自分を分けていたような感じ。

でも今は、もう少し自然にいるような気がします。
コンベンションにいる自分と、そうでない自分の距離が縮まってきたのかも。
いいことだ、と僕は思います。

これを書いている今は、3日目の昼です。日本時間では14日の夜八時くらい。
台湾から来たようようと会い、日本から来たひさしさんと会い、ドイツから来たアニやロクサナと会い、いろんな知っている顔が現れています。

こちらはとても暑いです。湿気がそこまでなく、まだ耐えられますが、やはりジムの中や、昼のテントの中は暑い。
スーパーまで行って飲み物や食べ物を調達して、涼める時には涼んでしのぎます。

今年は、EJCが遠くで開かれることもあって、多くの人が代わりにこちらのコンベンションに来たりしているようです。
そういうわけもあって、なかなかの人数が集まっています。
体育館はもういっぱい。


2018年7月14日土曜日

第136回 3/45日目 ヨーロッパ・ジャグリングの旅 2018

朝。
8時ごろ起きる。
まずはシャワーを浴びに行く。
シャワー、外にあるのだと思っていたのだけど、シャワーだと思っていたのはトイレで、シャワールームはきちんと中にあった。
ジムに併設されている。
シャワーに行く途中で、ボブに会った。ボブは、2012年にEJCのオープンステージで僕をホストしてくれた。とてもMCが上手だ。今は、コンベンションで毎年カフェを開いている。僕のことをちゃんと覚えていてくれていた。
知っている人に会うのは嬉しい。

ところでシャワーには、ドアにはあんまりはっきりとシャワーだと書いておらず、男女の区別がなかった。
シャワーを浴びていたら、女性の声が聞こえてきて、何か言っている。
隣にいたフランス人のマックスが、「女の子が入ってきてもいいか、って」という。
ああ、ヨーロッパに来たなぁ、第二弾である。
別にヨーロッパの人が全部こうだというのではないけど、ヨーロッパのジャグラーが、男女一緒にシャワーを浴びるのを特に厭わないことがある、というのは事実である。

というわけで、朝からいろいろ面白かったです。

今は、朝ごはんが出るというので、テーブルに座って、みんなとコーヒーを飲んだり、パンを食べたりしている。

※ ※ ※

追記
初日、始まるべき時間の15時になっても、まだ準備してます。
ヨーロッパきたなあ、第三弾。

ごはん。

2018年7月13日金曜日

第135回 2/45日目 ヨーロッパ・ジャグリングの旅 2018

※インターネットが繋がりづらかったため、昨日の分を今公開します。

パリに着いた。
ロビーに出て、インターネットに繋ぐ。
いろいろメッセージが来ていた。
「まだ日本にいる?」とか、「8月はアジアにいるの?」とか、「こういう公演があるので、ぜひ協力してください」とか。
フランス、日本、それにシンガポールからもだ。
半日オフラインでいるだけでこんな様子だけど、なんだか今回は、仕事するぞ、という意気込みで来ていて、逆に嬉しかったりする。
乗り換えのアブダビでもいくつかメッセージをダウンロードしてあったので、スーツケースが回って来るのを待っている間に、機内で打っておいた返事を、フリーWi-Fiでぽちぽちと送信する。あまりに熱中しすぎて、うっかり荷物を見逃しそうだ。だが無事にオレンジのスーツケースを見つけて、(やたらに目立つ色なのだ)ちょうど返事を終えたところで空港を出た。

リヨンへ行くバスの乗り場へ向かう。
空港から直接電車で向かえるようなので、コンコースを歩いて、エスカレーターを降り、券売機を見つける。
Bercy(ボーシィ)に行く電車のチケットを買いたい。
だが、券売機の前には長蛇の列ができていた。
こういうときは、あまりあがいてもしょうがないのを知っているので、諦めて並ぶ。
とにかく列が進まない。

ああ、ヨーロッパに来たよな、と思う。
たくさんある券売機(20個ぐらいあった)の半分は故障中で、チケットを買う人の動きは遅い。
でもその状況に対して、特に誰が不平を言うでもなく(あるいは僕にわからない言語で言っているのかもしれないけど)ただ流れに任せてだらだら、おしゃべりをしながら待っている。

こういう状況にあわてないためには、とにかく、寛容な態度を身につけないといけない。
もし電車を逃したら、別の手段を使うしかないよね、とか、最悪、新幹線で行くしかないよね、とかいう決意をそもそも「込み」で来ておく。
ひとり旅では、綿密にプランを練っても、その通りにはあまり進まない。
プランに2、3時間は余裕がある、と感じたら、それは大体において「ちょうどいい」ぐらいである。

30分くらい経って、ようやく自分の番になった。
しかしどのチケットを買ったらいいかわからなくて、後ろの人に聞いた。
初めは、このひと、ちょっと怖いな、と思ったけれども、蓋を開けてみると、お札が入らないのを助けてくれたり、チケットの種類を教えてくれたり、親切な、黒人のにいちゃんであった。

バスでリヨンに向かう。
リヨンの駅からは、エロワさんという人が車で拾ってくれる。
それについての連絡も来ていて、メッセージの同じグループの中にチェコ人のジャグラー、ダニエラが入っていた。

思わず声を出して笑ってしまった。
ダニエラは、2012年に初めて会って以来時々思い出したように手紙を出したり、メッセージを送りあったりしていて、3年前にチェコの地元まで遊びに行ったこともある友達だ。(家の目の前に使い放題の体育館があって羨ましかった)確かに同じコンベンションに来ることは知っていたが、まさか同じ車に乗せてもらうとは思わなかった。

しかし、パリでチケットの列に並びながら、チェコにいる友人と話したり、シンガポールにいる友人と話したり、日本にいる友人と話したりできるのは、つくづく不思議だよ。

バスは、鉄道の方のBercyの駅前にある広場から出ている。
一時間くらい余裕があったので、動画を撮ったり、コーヒーを飲んだり、トイレで(0.7ユーロ払った)身支度をしたりしてからバスに乗る。
バスはなかなか快適だ。Wi-Fiも通っていて、清潔である。

バスの中で、色々と考えた。
雑誌のことについても、フランスにいる、ということについても。

リヨンに着いたら、すぐに地下鉄に乗って、Aラインの最後の駅まで行く。
20分ぐらい乗って、1.3ユーロだった。
駅でエロワさんを待った。
10分ほどしてエロワとソフィーさんが現れる。エロワさんは、なんというか、だいたい思っていた通りの、柔らかい、優しい人だった。
道中では、お互いのことについて話す。車で30分と少し走って会場に着いた。

いよいよ、一番最初のコンベンションが始まる。



ここまでのPONTE君



PONTEさん(@jugglingponte)がシェアした投稿 -

PONTEさん(@jugglingponte)がシェアした投稿 -

2018年7月12日木曜日

第134回 (後編) 1/45日目ヨーロッパ・ジャグリングの旅 2018

アブダビ国際空港にいる。
サッカーで、ちょうどイングランド対クロアチアをやっていて、盛り上がっていた。

空港にいて、「親切な人」のことを考えている。
親切な人っていっぱいいるなぁ、と思う。
足が悪い人のためにドアを少し開けておいてあげる人、笑顔が素敵な検査官の人。
なんだか、海外って怖い、と思うのが前提のようになっているけど、こういう時、どこに行ってもいいひとはいい、と思う。
当たり前なんだけどね。

なんでかわからないけど、フランス人のジャグラー友達、ニコのことを唐突に思い出した。
彼は、僕が以前勤めていたゲストハウスにきてくれたことがあった。
そういう国を超えたつながりのことを思い出した。

今の心境として、自分も随分、国から外に出ることに慣れてきたよな、と思う。
20歳前後で、初めて自分で海外を旅行し始めた頃のことを思い出す。
若かったよね。
空港にいるときの立ち居振る舞い一つとっても、やっぱり周りのみんなに合わせるようになってくるというか、慣れみたいなものが存在する。

あと5年もしたら、今の自分を振り返って、ああ、こんなこと言っちゃってるよ、と思うのかもしれないけどね。





・ここまでのPONTE君
PONTEさん(@jugglingponte)がシェアした投稿 -


PONTEさん(@jugglingponte)がシェアした投稿 -

2018年7月11日水曜日

第133回(前編) 1/45日目 ヨーロッパ・ジャグリングの旅 2018

始まりました。
今日だけ11時じゃないのは、許してくださいませ。
荷造りをしていました。

さて、成田空港に向けてのバスでこれを書いています。
今回の心境は、なんだか、うまく仕事ができるような、そんな気分である。
油断は禁物だが。

とにかく、記録できるものはなるべく記録して、書くべきことは手早く書いて、滞在中の、荒削りの感想や状況の記録を残して行きたいと思う。

久しぶりに、PONTE castを聞いた。(2年前ぐらいにやっていたポッドキャストです。まだ聞けます。)
なんだか、懐かしい気分になった。
その場の空気感が、音から伝わってくる。
今年も、リアルタイムでアップロードはしないけど、やってこようかな、とちょっと思っている。
一人の時間が長いから、一人で延々と喋ったりもしそうだけど…。

荷造りは、結局時間がかかってしまった。
今回はテントを自分で持って行くので、それと、寝るためのマット、寝袋で、スーツケースの3分の1が埋まっている。
もしこれらがなければだいぶ楽なのだが。
スーツケースは20kg。
それに、背中にノースフェイスのバックパックと、ショルダーバッグにわりといっぱいに荷物が入っている。

お菓子もたくさん買い込んで、向こうの日へのお土産としている。
これとか、いくらか持ってきたPONTEの冊子、Tシャツがなくなれば、随分身軽になるだろう。
今年は、あまりものも買わないようにしたいけど、とりあえず、ガンディーニの出した、ルークウィルソンの新しい本だけは気になっている。
フレデリカに聞いてみようかな。

 ・ここまでのPONTE君
PONTEさん(@jugglingponte)がシェアした投稿 -

2018年7月10日火曜日

第132回 PONTE君の旅

明日のこの時間には空港で飛行機を待っていることになります。
なんだかヨーロッパのことばかり考えてしまう。

PONTEさん(@jugglingponte)がシェアした投稿 -

さて、今回の旅には、PONTE君が同行します。
PONTE君の目で見たヨーロッパのジャグリングをご紹介。

写真なんかもいっぱいお届けできたらと思っています。