2018年11月13日火曜日

第257回 メルマガ、配っています!

PONTEのメールマガジン、始まりました。

結構、力、入ってます。どうぞ、ふるってご登録ください。

よし、とりあえずできたぞ、と思って安心したのも束の間で、
なんだか、エラー報告が続出。
あらあら、大変申し訳ないです…
焦って色々と原因究明してみたものの、
全然知識もないので、いったいどこが悪いやら、わかりません。

とりあえず理由がわかるまで、
手動でぽちぽちアドレスを登録する戦法に切り替えることにし、
そのためのシステムを急ごしらえ。

昨日の夜中に、再び公開し直しました。

エラー発生時フォームならば、アドレスの間違いさえなければ、きちんと登録されます。

でもなんだかですね、こうやってひとりひとり自分で登録するのも、
なんだか読者と対話しているようで、なんだか…

とか、思たりもしますが、やっぱり大変なので、早いところ、直ればよいな。

ここは一念発起して、
JavaScriptの知識を急場で身につけるしかないのか…

2018年11月12日月曜日

第256回 ま、一年後くらいにおおよそ正しくなってればいっか

PONTEのメールマガジン、を始めます。
登録はこちら
毎週月曜日に届く予定です。
まずは今日の夜8時に、届けます。
以降は、時間を早めようかと思っています。
(登録の画面がまだ簡易的なものですが、徐々に整えていくつもりです。)

しかしこういうことひとつするのにも、僕は時間がかかってしまってしょうがない。
「さあ、やろう」と言ってから、はたしてこれでいいんだろうか、もっといい選択肢があるんじゃないか、と疑いのこころがいつまでたっても晴れません。

そのおかげで得することだってきっとあるのでしょうが、少なくとも今の僕はそれでおおいに困っていて、因ったことだ。

ま、一年後くらいに正しくなってればいっか、と思えたら、一番いいんですけどね。

そうは簡単には思えないものです。
やれやれ。

ひとまず、このメルマガを原動力に、また少しずつPONTEを動かしていきます。

2018年11月11日日曜日

第255回 受けてが想定されていること

書くことの面白さ。

何かに気づいて、「これは面白いなぁ」と感じる。
できるだけ正しく伝えられるように、工夫をこらして文章にする。
面白い冗談を思いついて、人に言って、笑ってくれて、「よしよし」と思う、その時の感じにすごく似ている。

どんなに面白いことも、うまく伝えないと、思った通りの可笑しさがまるで伝わらない。
そこには、自分なりの術が生まれてくる。

間の取り方とかね。

誰かしら受け手が想定されている時、文章を書く、という作業は、うまくいくことが多いものです。
冗談だって、すぐそこに笑ってくれそうな相手がいる時に、一番多く思いつくものです。
そして、実を言うと、これは商品づくりでも、他のサービス業でも、全部同じなんじゃないかと思う。
何かに自分で気が付いて、それをうまくデザインして他の人に届ける、ということだ。

明日から新しいことをするつもりでいます。
どう転がっていくかわからないんですが、とにかく受け手が想定されていることは、すっごくいいんだな。

2018年11月10日土曜日

第254回 PMだいごさんとの仕事

昨日も、毎週恒例、PM Jugglingのだいごさんとの仕事でした。

都内某所で集まって、数時間一緒に過ごします。
一応、決まった量の翻訳はこなす。
それ以外にも、「なんとなくだべる」時間というのが存在します。

その「だべる時間」が、僕は好きだし、実はそっちが本質だ、ということも言えるだろうな、と思う。

別に仕事をしていないことを正当化しているわけではなくて、というか、そういう「余白」も含んで、仕事というのは、何か包括的に、自分や自分の周りにある問題に向き合うことだ、と思っている。

本だって、本文が本質ではあるけれど、余白も含んで、ひとつの「よさ」をつくる、じゃないですか。「紙がもったいないから」と言ってそこを詰めてもしょうがない。
それと一緒なんじゃないかと思います。

2018年11月9日金曜日

第253回 福翁自伝

福澤諭吉、という人を僕はどうもしかめっつらしい、堅い人だったと勝手に思っていた節があったんだけど、どうもそうでもない、ということを、『福翁自伝』を読んでいる今、思っている。(青空文庫で、ただでどこでも読めます。)

まるでスティーブ・ジョブズのような、一度これと決めたら他を顧みずなんでもやってしまう人柄である。
しかも、なんというか、思っていたより、だいぶ乱暴で、粗野な人だった(笑)

こういう「知識として知ってはいたけど、実際には中身を読んだこともない本」というのが僕の中にはいっぱいある。
最近、そういう本をひとつひとつ、興味が湧いた順から(ここがポイントだ、義務みたいに読んでもしょうがない)kindleで読んでいく、ということをしている。

タイヘンに面白い。

2018年11月8日木曜日

第252回 誰かに渡す。

甘いココアを飲みながらこれを書いている。
昨日郵便受けに、こころから信頼している人から手紙が届いていました。
やはりこう、手紙が届く、というのはとても素敵な経験ですね。
より、その人の持っている気が届くような、そんな感じがします。

電子的にこうして文章を届けるのは、
ひとつの方法、拡散する方法としては正しい時もあると思います。
郵便で紙の雑誌を届ける、ということになると、
これは、あらかじめ宛先が分かっている人に向けて
何かを渡す、ということですね。

何かを渡す、というのは、いいよな。

そこには、必ず、より具体的な「誰か」がいるからだ。

2018年11月7日水曜日

第251回 ジャグリングと直接関係はないんだけど

急に、やっぱり、人が集まるようなところを、作りたいなあ、と思い始めた。

お互いに気持ちよく話できるような人たちが集まる、そういう場所を、作りたいなぁ。