2018年5月7日月曜日

第67回 SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)



ジャグリングユニットピントクルの中西みみずくん率いるチームが、5月4日に東京の青山で公演をしました。
せっかくなので観に行ってきました。

会場は、スパイラルホールという、天井が高くて開放感のある建物です。
入り口を入るとショップがあり、中心にはレストラン。
奥の方には、スパイラル(螺旋)状に緩やかに上って行く階段があります。
階を上がると、これまた、ギャラリーやショップがあります。
いかにも青山、という感じの、小洒落た施設です。

中西くんが披露したのは、「紙幣」と「もの」の交換にジャグリングを見出す演目です。
出演は、山下耕平、好光義也。
ピントクル公式の詳細はこちら

中西くんが率いるピントクルは、日本では珍しい、ジャグリング「を」見せる団体というよりは、ジャグリング「で」何かを見せる団体です。

ヨーロッパなんかではある程度「アートとしてのジャグリング」みたいなものが一定の数上演されています。機会が多ければいい、というものでもないですが、もっとジャグリングの様々な側面を、色々な人に観てもらう機会があれば、面白くなるのかも、などとかんがえていました。

0 件のコメント:

コメントを投稿