2018年12月30日日曜日

第291回 やきとり工房のやきとりは美味しいですよ。




 今日はPMジャグリングの板津さんと、Shogun、Fuji君と、みんなでお酒を飲んだり、焼き鳥を食べたりした。

 僕はもう、年の節目や歳を気にしたりするのは、やめようと、思っている。もちろん、わざわざ僕がこういうふうに宣言しなければいけないのは、そういうふうに思ってしまう、という力が心の中で働くからだ。そう思ってしまうから、そう思わないようにしよう、と必死で思うのだ。だいたい僕は、年賀状を描いたりするのが大好きだから。「節目」みたいなのは、好きな人間なんだよ。
 そこは僕の弱さだ。

 でも、もう態度としてはだよ、人が決めた基準は、まぁそこそこ、周辺視野ぐらいに入れて、もっと、「生きてるねえー」と感じるような、ワクワクすることに身を捧げよう、そのほかのことは、まぁテキトーにしとこう、と思うよ。
 「若い時間を大事にする」というのでもない。
 ただ、もう態度として、「いきいきとしたものを追いかけよう」と思っているうちは若いのだし、そうでなくなったら、ずいぶんしょげくれちゃってる生き方だ、と、自分にハッパをかけようと思うんだ。
 
 なんにしても、今日の僕は随分顔を赤くして(お酒のせいだけではなく)「元号が変わるからなんなんだ!」みたいに叫んでいたように思う。ははは。いやはや、すみません。
  
 そのほか、非常に本質的な話をいっぱいした。
 こういう友人が持てている、ということを、すでに僕は幸せだと思う。そしてそういう仲間がいることは絶好の機会でもあって、どんどん、自分の言うことを聞いていかなきゃな、と思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿